スポンサーリンク

転職する場合は平均何社?30代、40代の転職状況は?

公開日: : ニュース, 転職

転職をする方は一度に多くの企業に対して応募をする方が多いものですが、実際にどれだけの数の企業に応募をして、どれだけの内定を頂いているのでしょうか?
そこで、「転職世論調査」の実態を確認してみましょう。
今回はリクルートキャリアが8月に行った調査内容をおさらいしてしましょう。

スポンサーリンク

 

転職活動における内定の数は?

30dai
リクルートキャリアが転職をした社会人の2,274名に対して実施した「第27回転職世論調査」をもとにしますと

「今回の転職活動で、何社から内定が出ましたか?」という内容の質問に対して最も多かったのが「1社」で53.5%。
次いで、「2社」の27.3%、「3社以上」は19.2%となっています。また、「3社以上」と回答した年齢層を見ると、31~35歳が最も割合が高く、21.6%となったようです。

この数字、「1社」だけの応募と考える方が半数を占めており、実際に内定を貰える方の人数はそれほど多いものではないようです。また、30代前半では「3社以上」から内定を貰える方が意外と多い事実があることも分かりました。ということは、企業側では即戦力の人材を求めていることが少なくないということなのでは?

 

何社に応募してるのか?

今回の就職・転職活動の調査においては、平均の応募社数は18.27社ということのようです。(かなりの数ではないでしょうか?)しかもこの数は、年齢層に比例するように平均応募社数が増えており、41歳以上になると23.65社となっているようで、30歳以下の若年層よりも多い結果になったということです。また、男女の平均応募社数を見てみると、男性の方が18.81社となっており、女性よりも約3.5社多いという結果に。

18社に応募して1社からの内定となると、非常に厳しい転職活動の状況が見えてきます。また、40代になるとさらに転職するのが難しくなることも分かりました。30代と40代では転職や就職が厳しくなることが浮き彫りになった形であるとも言えるでしょう。

 

転職して戸惑うことは?

転職が成功したものの、転職後に戸惑ったことがある方の意見を見てみましょう。

1位は「前と今の会社の仕事の進め方などやり方の違い」(54.5%)だった。2位は「前の会社との社内文化の違い」(84.4%)、3位が「社内用語がわからない」(34.3%)となっている。

 

転職はライバルが多いことを認識しよう

転職希望者は、一年の中では多い時期と少ない時期がありますが、それでも年中転職を考えて活動をしている方は少なくありません。その中でライバルに打ち勝つためには、スキルで勝負するか、より多くの情報を集めるかのどちらかといえるかもしれません。

特に情報を的確に収集することでライバルに一歩差をつけることが可能になると考えられ、転職活動は今後ますます情報戦の道を辿るのかもしれませんね。

参考記事 ⇒ Infoseek ニュース

スポンサードリンク

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

tennsyoku

仕事を辞めて転職したくなったら??

今の仕事を退職して転職をしようとする場合、色々と考えることも多いもの。 しかし、悩みすぎては前に進

記事を読む

職務経歴書の書き方!履歴書とはここが違う!

職務経歴書の書き方!履歴書とはここが違う!

職務経歴書の書き方をマスターしておくことは転職する際にとても重要でなもので、最初の印象を決定づけ

記事を読む

退職に不安を感じる

仕事を辞めたくなったら | 退職に不安感じません?

どんなに待遇の良い会社に勤めていたとしても、一度は退職を考えたことがある方も多いのでは? 大き

記事を読む

有効求人倍率が25年4ヶ月ぶりの高水準

有効求人倍率がバブル期以来25年4ヶ月ぶりの高水準?

有効求人倍率が25年4ヶ月ぶりの高水準を記録したと、いかにも明るいニュースのように駆け巡っていますが

記事を読む

非正規雇用でも問題ない。誇りを持って

非正規雇用だって問題ない!視点を変えてみよう

衆議院選挙が終わり、国民の無関心さとは裏腹に当選した議員たちはバンザイをし、落選した議員は敗戦の弁を

記事を読む

転職支援サービスってどう?

転職支援サービス会社ってどうなの?

転職支援サービスは仕事を探す方にとって非常に有意義なサービスであることはご存知の方が多いかもしれませ

記事を読む

有効求人倍率が25年4ヶ月ぶりの高水準

厚生年金加入の新制度はパート主婦(主夫)の分かれ道

2016年10月から厚生年金に加入できるパート労働者が増える。という話、ニュースに敏感な方はご覧にな

記事を読む

安定した仕事は資格と福利厚生がポイント

安定した仕事に就きたいなら

安定した職業に就きたいと思った場合、重宝されるのが資格です。現在転職活動をしている方、過去に転職活動

記事を読む

jinnjitanntousya

人事担当者の視点に立つことが重要

就職や転職のためにどんなに面接をしても上手くいかないという方も多いもの。 そこで、少し視点を変えて

記事を読む

転職成功

転職失敗から転職成功するためのアイディア

転職活動が失敗することは誰でも避けたいもの。 一方で、一度の転職で成功できる人はどれだけいるのでし

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

地方でも投資でしっかり確実に利益を上げよう!
地方でガッツリ稼ぐシリーズPart1!投資でしっかり確実に利益を上げよう!

地方在住でもしっかり稼げる方法を紹介するシリーズの1つ目は投資に注目し

有効求人倍率が25年4ヶ月ぶりの高水準
有効求人倍率がバブル期以来25年4ヶ月ぶりの高水準?

有効求人倍率が25年4ヶ月ぶりの高水準を記録したと、いかにも明るいニュ

仕事で落ち込むときは名言を
仕事で落ち込む…そんなときに読みたい名言7選

仕事で落ち込んでしまうのは誰にでもあることですよね。そんなとき、あなた

職務経歴書の書き方!履歴書とはここが違う!
職務経歴書の書き方!履歴書とはここが違う!

職務経歴書の書き方をマスターしておくことは転職する際にとても重要で

働きたくない!でも生活しなければ
働きたくない!でも生活しなければ…じゃあどうする?

働きたくないという考えは世の中の多くの方が考えることですし、社会人

→もっと見る

PAGE TOP ↑