履歴書作成の注意点 | 覚えておきたい履歴書の書き方

履歴書

スポンサーリンク

履歴書を適当に書いてしまうと就職が遠のいてしまうこともあります。
あなた自身の分身になるのが履歴書です。
注意点を抑えておきましょう。
[adsense]

履歴書を作成するときの注意点

履歴書が就職の明暗を分ける
履歴書は応募をするための単なる書類という言い方が出来る一方で、あなたを審査するための大切な書類でもあります。

そのため、単なる書類という考えではなく、採用担当者、人事担当者に読みやすく、理解してもらいやすいように書くことと、一字一字を丁寧に書くという気持ちが大切になります。

 

 

内容も記載方法も重要

履歴書は、記載内容が最も重要ですが、だからと言ってどのような記載方法でも良いというわけではありません。

しっかりと丁寧に書くことが基本であり、これが出来ていなければ、応募しても書類審査で落とされることも少なくありません。
文章の記載内容が企業の人事担当者に雑だと思われてしまうと就職することが困難になる可能性がありますから注意が必要です。

基本的には、読み手となる人事担当者の立場になり、読みやすさを心がけが大切であり、そのためには読み返すということも必要になります。
 
 

履歴書だけでもアピールできるようにする

近頃では履歴書以外にも職務経歴書の提出を求める募集企業が増えており、履歴書だけが応募書類ということではなくなってきています。職務経歴書では今までの職業でどのようなことをしてきたのかを記載することと、それによりどのようなスキルを身に付けたのかを記載して応募先に対してアピールすることになりますが、履歴書のアピールが抜けていては意味がありません。

最初に見られるのは履歴書ですから、履歴書でのアピールは非常に大切なものになります。
 
 

書類選考が行われる場合は

年々書類選考を先に行い、それから面接を行う企業が増えています。そのため、書類選考を通らなければ、あなた自身にどんなに魅力があっても話を聞いてもらえることはありません。

ですから、人事担当者が会ってみたいと思ってもらえるような履歴書の内容にすることが必要になります。だからと言って、あなた自身を必要以上にアピールすることは逆効果になることもありますから注意しましょう。
 
 

まとめ

履歴書はあなた自身を簡潔にどのような人間なのかを表すものです。
いい加減な文章や雑に書いた履歴書は人事担当者は少し見ただけで「不採用」となります。色々な人材と接している人事担当者ですから、小手先のテクニックにはウンザリしているのです。

そのため、丁寧に、読みやすく簡潔にを意識して記載することが就職への近道だと考えて履歴書の記載をすることが最も大切な方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました