ストレス解消は睡眠が最適!仕事のストレスを上手に減らそう!

ストレス
仕事のストレスは睡眠で解消できる?

スポンサーリンク

仕事によるストレスを抱えたままだと、仕事のパフォーマンスが落ちるだけでなく体調不良から病気を招く恐れもあります。ストレス解消には睡眠が有効だとよく言われるところ。具体的にどのような睡眠方法が良いのか見ていきましょう。

ストレスが原因で眠れない人もいる

人によってはストレスが大きすぎて眠れないという人もいるようです。あなたは大丈夫でしょうか? ストレスで眠れなくなる人に多く見られるのがノルアドレナリンの影響だと言われています。ノルアドレナリンは緊張を高めるホルモンのひとつで、恐怖や不安、怒りを感じた時に分泌されると言われています。仕事がうまくいかないときの不安や怒り、上司や同僚からのパワハラによる恐怖を感じている人ほどノルアドレナリンが多く分泌されているかもしれません。

ストレス解消に睡眠がピッタリ!その理由とは?

睡眠不足は脳内の疲れを十分にとることができないと言われています。過度のストレスは脳へのダメージが大きいとされていることから、脳をしっかりと休ませるために十分な睡眠をとることは大きな意味があります。質の良い睡眠を十分にとれば多少のストレスがあっても、体と心は健康を維持できます。 仕事でストレスを受けるのは致し方ないところですし、仕事が忙しければ十分な睡眠時間をとるのも難しいかもしれません。しかし、仕事で十分なパフォーマンスを生み出すためには睡眠が何よりも大切だということを認識しておきましょう。

スポンサーリンク

最適な睡眠はどれくらい?

ある人は3時間ほど寝ただけでも疲れが取れたと感じますし、またある人は8時間寝ても寝不足だと感じることもあります。最適な睡眠時間について、興味深い調査結果があります。アメリカの睡眠時間に関する調査結果では、6.5時間から7.4時間眠っていた人たちが6年後の死亡率が最も低かったとしています。驚きなのは、8時間以上眠っている人達は逆に脂肪率が高くなっていることです。よく言われる8時間以上の睡眠が良いというわけではないことが調査結果で明らかになりました。

一方で、自治医科大学の調査結を見ると睡眠時間が短い人も注意が必要と言えそうです。日本人男性の約4,400人に対して 行なった睡眠時間の調査では、6時間以下しか眠っていない人は、7時間から8時間の人に比べて8年後の死亡率が2.4倍も高くなっていることが分かっています 。

これらの結果から、6.5時間以上8時間未満の睡眠時間が最適だと言えます。では、 ストレスを減らすための眠り方にはどのような方法があるのか見ていきましょう。

ストレスが消える眠り方

ストレスを消すためにはしっかりと眠ることが大切で、しっかり眠るというのは深い睡眠をとるということです。つまり、質の良い睡眠をとる必要があるということです。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があるというのはよく知られていますよね。レム睡眠とは、脳は起きていて体が眠っている睡眠。ノンレム睡眠とは、体も脳も眠っている睡眠です。そして、ノンレム睡眠は最初の90分間に訪れると言われています。ということは、質の高い睡眠を実現するには、最初のノンレム睡眠をどれだけ深くできるかが大事だということですね。

深い眠りにつくためには以下のような方法がありますので、ストレスを抱えている人ほど実践してみましょう。これらは、単に深い眠りを招くだけでなく、起きている状態でも癒しの効果を期待できます。

入浴後1時間ほど経ってから寝る

体温が高い状態では、寝ても深い眠りにつくのは難しくなります。本来、私たちの体は眠る時に体の内部の温度(深部温度)が低くなるほど眠りやすくなります。 お風呂から上がってすぐの状態は、深部温度が高くなっているため深い眠りは訪れにくいのです。寒い時期はお風呂で温まってすぐに寝たいと思うものですが、1時間程度待ってから眠るようにしましょう。
軽い運動してから寝る
入浴後の時間に暇を持て余す人には特におすすめなのがストレッチ。 体の緊張をほぐすのに効果的です。心身をリラックスできるので、仕事でストレスが溜まっている人にもぴったりです。

寝る時はうつ伏せの姿勢が良い

眠りに入る時は呼吸量がポイント。うつ伏せの体勢で寝ると呼吸量の多い腹式呼吸になりやすく疲れをとるのに効果的とされています。うつ伏せで寝るのがつらいという人は無理をする必要はありませんが、試してみる価値はあるでしょう。

寝床についても眠れない時は無理に寝ない

私たちの脳は、行動と場所をセットで記憶します。寝床についてから本を読んだりスマートフォンをいじったりしているとそれが脳に記憶され、眠れなくなってしまうと言われています。 眠くない時はリビングで読書などをして、眠くなってから寝床につくようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました