就職やアルバイトの面接はこれで乗り切れ!

面接

スポンサーリンク

 

仕事をする前の最大の難関とも言える面接。

 

上手く面接を乗り切れたらとても嬉しいものですが、そんなに上手く行かないという方もいるでしょう。

 

そんな方にこんなアイデアを!就職希望の方もアルバイト希望の方にも使える方法です。

 

面接は緊張しやすいもの

面接でアピール

何度面接を受けても緊張してしまうと考えるあなた。

 

それは当然です。

 

逆に面接のタイミングで緊張しない方なんていないでしょう。

 

もしもいたら余程の強者で、例え100回以上面接を受けていたとしても緊張感を持って面接に臨むことは大切です。

 

面接で緊張頭が真っ白になる

緊張するのは当然で、面接において緊張感を持つのは良いことです。

 

全く緊張をしない人の方が問題でしょう。ただし、緊張しすぎるのは困りもの。

 

汗でビッショリになってしまった上に話そうと思っていたことも全て飛んでしまい頭が真っ白になんてことは避けたいものですよね。

 

そこで、緊張しやすい方にオススメのリラックス方法を。

 

面接日に緊張しすぎてしまう原因の一つにあるのが睡眠不足です。

 

前日に眠れないと体調のバランスの崩れから頭がモヤットしたまま面接に臨むことになりますので、自分の思うような話ができない、そもそも面接に集中できないかもしれません。

 

面接の前日であれこれ考えるよりも、面接当日の朝に早起きして最終確認をする方が考えがまとまりやすいですよ。

 

面接の前の日は無理矢理にでも早めに横になるようにした方が良いです。

 

スポンサーリンク

自分を大きく見せすぎるのはダメ!

面接では自分自身をアピールする必要があるため、自分をよく見せることに注力しがちです。

 

もちろん、これは大切ですが、だからといって事実とかけ離れた話をするわけにはいきません。

 

ありもしないスキルがあると言ったり、自信がない分野に関して自信があるなどを話すのは後々になって自分を苦しめる結果になりやすいのでやめておきましょう。

 

問題はその言い回しかもしれません。

 

例えば、営業職の面接を受けるのにコミュニケーションが苦手な方の場合、

 

面接官の「他人とのコミュニケーションは得意ですか」といった質問に対して「ハイ、得意です!」というのは嘘になります。

 

それよりは「正直あまり得意ではありませんので不安があります。御社で仕事を通じてコミュニケーションスキルも学ばせていただきたいと思います。」

 

というような感じであれば、決して嫌な印象は与えないでしょう。

 

但し、なかにはそれは甘い考えという会社があることは考えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました