面接の対策を万全にして転職を有利に!

面接の対策を万全にして転職を有利に! 転職

スポンサーリンク

面接の対策をしっかりできていれば転職する際に有利に働きますよね。

とはいえ、何を聞かれるのか分からないのが面接です。

そこで、面接官が質問するケースが多い内容をまとめました。これで面接の対策はバッチリです!

面接の対策はズバリこれ!転職希望者には超重要!

面接の対策を万全にして転職を有利に!
面接の対策はとても大切です。

転職するためには面接を受けることになります。

このときに面接官が知りたいのは転職希望社の人間性に尽きます。

どんなにキャリアや実績があっても、内定をもらえない人は少なくありません。

その要因にはミスマッチということもあるほか、人間性も関係していると言われています。

転職希望者に対して面接官が聞く内容は概ね形式通りの質問でしょう。

これまでの職歴や経歴、転職理由、志望動機、キャリアプランや諸条件といったところです。

これらの質問はほぼ間違いなくされるもので、面接における対策もよく知られているもので問題無いでしょう。

しかし、人間性に対する質問は企業によって大きく異なるため、応募先企業に合わせて考えてみることが大切です。

 

面接の対策1.必ず聞かれる長所と短所

まず間違いなく聞かれる項目が長所と短所についてです。

これらの回答は他の質問と密接な関係性にあるため、入念に対策をとっておきましょう。

長所=強み、短所=弱みとして面接で話すのも良いですが、逸脱し過ぎないように注意したいところです。

また、面接官としては長所を多くアピールされすぎるのも聞いててイヤになるケースもあるため、短所を気持ち多めに伝えるほうが良いでしょう。

これは決してネガティブな人材だと捉えられず、客観的に自分自身を見れていると評価されやすい傾向にあります。

誰にでも短所はありますので、無理やり長所ばかりをアピールしないように注意しましょう。

 

面接の対策2.自己紹介

これも間違いなく面接官から質問される内容ですから、面接の対策としては重要です。

もちろん、面接を受ける以上は自己紹介についても予め用意していると思いますが、これも長所のアピール同様に控えめにしておくのが望ましいでしょう。

積極的な姿勢と出たがりとは違います。

人間性が分かるように、またこれまでの経験やスキルに触れながら、1~2分でゆっくり話せるだけの内容にまとめてみましょう。

このときに、実際にあったエピソードや数字を含めて話すとより理解されやすいでしょう。

 

面接の対策3.仕事に関すること

仕事で大切なことは何か?

面接の対策としては最も重要な部分であるのが仕事に対する考え方です。

『仕事において大切なことは何ですか?』

などといきなり聞かれたら頭が真っ白になる方もいそうですよね。

一般的な面接の対策としては、面接を受ける企業の理念や社風に合わせて

『○○が大切だと感じています』

というような回答になると思いますが、もちろんこれで問題無いでしょう。

ただし、強すぎる自己主張は控えたほうが良いでしょう。

あまりに自己主張が激しいと、柔軟性の無さを疑われてしまいます。

また、理想を話しても意味がありませんので、具体的な例を挙げての回答を心がけましょう。

 

仕事でやりがいを感じるのはどんなとき?

これも面接で質問されることが多い内容ですから、対策として回答を用意しておきたい項目です。

この質問の回答は、過去の仕事でやりがいを感じられた場面をイメージして考えることになりますが、それだけでは少々危険です。

というのは、過去の仕事は一人作業が多くて職場のコミュニケーションを必要としない職場で働いていた人が、チームワークを尊重して一丸となって目標達成に向けて努力する企業の面接を受けたらどうなるでしょう。

やりがいを感じたのは自身の力で結果を出したことになるでしょうから、面接を受ける企業とのミスマッチが生まれてしまいます。

このようなことは、あまり深く考えない人もいるため、面接を受ける企業の業務内容や社風などもチェックしながら対策を練りましょう。

 

あなたにとって仕事とは?

面接の対策で絶対に欠かせないものの一つです。

多くの企業でこの質問を投げかけているようですから、しっかりと対策を考えましょう。

とはいえ、多くの方が考えているのは『生活のため』『お金がほしいから』などの理由でしょう。

もちろん、そのまま面接で使っても何ら問題はありません。

しかし、これには補足が必要で、例えば『何故お金が必要なのか』を詳細に説明できるように考えておくことが大切ですね。

面接官としては、お金のためだけなら別にウチの会社じゃなくても良いのでは?

となりますから、面接を受ける企業でなければいけない理由を絡めて話をすると良いでしょう。

 

面接の対策は面接官の気持ちになることから

面接の対策をするには、まずは面接官の気持ちになって考えることがとても大切です。

結局は人対人なのですから、面接においてコミュニケーションが取れない状況であれば転職することは難しいでしょう。

面接官が聞きたいことは何なのかを事前に予測を立て、その対策を練るだけでなく、面接会場で臨機応変に対応できるようにもしておきたいところです。

それには、家族や友人にお願いして面接の練習をしておくことも有効です。

また、企業が求める人材は、特に転職希望者においては即戦力を欲しがる企業が多い一方で、未経験者を望む企業も少なくありません。

求人票を見たときに『経験者優遇』の文字を見ると、応募対象から外してしまいがちですが、決して採用されないわけではないので、その企業への転職を望むなら積極的に応募してみるのも良いでしょう。

今回は面接の対策として人間性に関する質問について焦点を当ててみました。

いずれも、面接官に質問されることが多い内容であるため、面接の対策として参考にしていただけたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました