看護師の転職は求人広告サイトがおすすめ?

転職

スポンサーリンク

 

看護師が転職で仕事を探すには、ハローワーク以外に人材紹介会社や求人広告サイトを利用することになります。

人材紹介会社は就職できるまでに時間がかかりそうで、できれば求人広告サイトを利用したいと思う人は多いのではないでしょうか?

そこで、求人広告サイトを利用するメリットとデメリットを紹介します。

 

求人広告サイトって??

求人広告サイトは、求人募集を行う医療機関が掲載料を支払い、求職者にアプローチできるサービスです。

人材紹介会社よりも安価に利用できることが魅力で、採用1人あたりにかかるコストも人材紹介会社に比べて安く抑えられるので、

多くの医療機関で求人広告サイトを利用している傾向があります。

転職先を探す人にとっては、自分で求人情報を見つけて応募するという手間はかかりますが、

就職にあたっての希望条件が既に固まっている方、気になる求人がある方には求人広告サイトのほうが採用される可能性が高いでしょう。

ほとんどのサイトではリアルタイムで求人を更新しているため、早めに就職先を見つけたい場合は、

新着求人をこまめにチェックすると希望の求人が見つかりやすいでしょう。



求人広告サイトを利用するメリット

  • 自分の空き時間を利用して、自分のペースで転職活動ができるので自由度が高い
  • 就労条件や待遇など、気になっていることを直接質問できる
  • サイトによっては非公開求人などの好条件の募集もある

 

求人広告サイトを利用するデメリット

  • 求人広告サイトに何カ所も登録しすぎると連絡が多すぎて管理できなくなる
  • エージェントがいないところも多く、有利な条件で働けないケースもある

 

求人広告で気をつけたい病院・クリニックの特徴!

せっかく働くなら、すぐに退職するようなことは避けたいもの。

とはいえ、イメージと実態がかけ離れている職場なら退職したい気持ちにもなりますよね。

そんなギャップを感じないためには、次のポイントに気をつけましょう。

  • ずっと掲載されている
  • やたらと待遇が良い(給与・賞与が高く、勤務時間が短いなど)
  • テレビCMもよくやっている

 

また、気になる病院・医院を見つけた際にネット検索をすると思いますが、その際には以下の点にもご注意を。

  • やたらと立派な建物の個人医院
  • 家族経営の個人医院(夫が医師、妻が看護部長など)
  • 妙に良い口コミが多すぎる

 

スポンサーリンク

求人広告サイトを利用して本当に転職できる?

まず押さえておきたいのは、看護師の需要は年々高まっている点。

少子高齢化を背景に、特に地方では人手不足の状況が続いていると言われています。

そのようななかで、即戦力として働ける看護師の方は重宝される可能性が高いのです。

 

求人情報の登録数が多いから転職しやすい

病院・医院が抱える患者数は右肩上がりの現状にあるなかで、全国の医療機関で看護師不足が課題になっています。

世間一般では由々しき問題といえる状況ですが、看護師の転職という観点からは売り手市場です。

このような背景もあり、求人広告サイトには多くの病院・医院が求人情報を登録しています。

 

医療機関は即戦力を欲しい

看護師不足という背景から、多くの医療機関では即戦力として働ける人材が欲しいところ。

将来のリーダー看護師となる人材が欲しい医療機関は当然ある一方で、ベテラン人材も必要としているところが多いです。

特に複数の診療科目を経験してきた看護師であれば、良い職場と巡り合える可能性は高いでしょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました