スポンサーリンク

フリーターと正社員では生涯給与に1億円以上もの開きが!

公開日: : アルバイト, 就職, 正社員, 派遣

フリーターが増加傾向にある日本国内。特に若者に多く見られますが、彼らの思考は大きく分けて3つに分けられるでしょう。1.ほかにやりたいことがあるから。2.就職先が見つからないから。3.フリーターは自由度がある。
これらの想いでフリーターになる方が多いと思われますが、果たしてその選択は間違いないのでしょうか。
フリーターより正社員が給与が高い-仕事探し

スポンサーリンク

フリーターでは大きく稼ぐのは不可能

フリーターと正社員ではもらえる給与金額に大きな違いがあることは、多くの方がご存知でしょう。手取りの給与金額だけを見ると正社員よりもフリーターのほうが高いケースが多いため、フリーターでも良いのでは?と考えがちです。

しかし、正社員には各種保険がある一方でフリーターには何もありません。フリーターはほとんどの職場ではボーナスももらえないでしょう。
これについては興味深いデータがあります。独立行政法人労働政策研究・研修機構が発表しているデータによると大学を卒業した方のその後の給与の流れは次の通りです。

正社員の給与

25~29歳…約350万円
40~44歳…約650万円

フリーターの給与

25~29歳…約150万円
40~44歳…約200万円

いかがでしょうか?フリーターは正社員に比べて圧倒的にもらえる金額が少ないことが明らかですね。40歳台になるとその差は3倍以上にも膨らむことを思えば、フリーターにはデメリットしかないともいえるのでは?

また、正社員は年齢が高くなるにつれて給与が高くなっていますが、フリーターでは約50万円しか上がっていません。これに加えて退職金制度、厚生年金の支払いにより受け取れる老齢年金にも影響が出てきます。上の数字だけで単純計算すると、正社員の生涯給与は2億円を超えますが、フリーターでは約6,000万円です。

その差は1億円以上になることを思えば、独立する確固たる意志がない限りはどんな理由があろうとも正社員になるのが賢明と言えるでしょう。

 

本当にフリーターで大丈夫?

ここで前述した3つのケースを思い出してみましょう。それぞれの理由に問題提起とデメリットを考えました。

1.ほかにやりたいことがあるから。
これは独立する。就きたい職業があるなど人によって分かれるところでしょう。具体的な計画性があって将来像が見えているのであればよいですが、計画がブレていたり漠然としていたりでは成し遂げられない可能性があります。

2.就職先が見つからないから。
本当に就職先見つからない地方は日本国内では限りなく少ないでしょう。探せばきっと見つかります。このケースに当てはまる方は、『自分が希望する就職先が見つからない』のでしょう。もちろん、本当にやりたいことでなければ入社してもすぐに辞めてしまう可能性はあります。しかし、社員で働く期間は厚生年金を支払うわけですから、将来の不安要素を少なくできます。

3.フリーターは自由度がある。
ごもっともです。フリーターは正社員のように出社と退社時間が毎日決まっていません。職場は自分が好きなところにし、シフトも自由に決められるところが多くあります。強い責任感を抱く必要もなく、友人と遊びたいときは電話一本で気軽に休む方もいるでしょう。お金がなくても自由度の高さに魅力を感じるなら否定はできませんが、将来的に安定した生活を望むなら、一日でも早くフリーターではなく正社員への道を歩むべきでしょう。

いずれの理由も本人にとって正当な理由かもしれません。しかし、将来的な暮らしや老後の暮らしを考えた場合、どの道を選んでも厳しいことになると考えられます。若年層ほど社会の仕組みを分からずに、フリーターに夢を抱きがちですが、最終的には正社員で堅実な道を歩むことにはかなわないでしょう。

これらの中で最も危険なのは「3.フリーターには自由度がある」です。自由な生活は多くの方が憧れますが、金銭的な自由度は限りなく制限されます。

 

フリーターより正社員を目指して将来の暮らしを安定させませんか?

フリーターには大きな魅力があると多くの若者が考えがちです。特に女性よりも男性に多い傾向にあるでしょう。

若いときは遊びたい気持ちが大きくなるのは仕方がないのですが、そのような中でも将来のビジョンは絶対に必要です。

どうしてもフリーターで暮らしたいなら、それ相応の覚悟を持ってフリーターの道を突き進むのも良いでしょうが、金銭的な問題に不安を感じるなら正社員の道を選択しましょう。

人生は何歳からでもやり直しできます。ただ、正社員になるには少しでも早いほうが良いでしょう。フリーターの方は年齢を重ねていくにしたがって後悔の念が増していくことが予想できます。

そうならないためにも、少しでも早く自身の将来を見つめなおし、正社員のメリットに気づいて行動する気持ちが大切でしょう。
若い方ほどこのことには気づきにくい傾向にありますが、10年後、20年後に後悔しないためにも早めに気づいた行動をしてくださいね。

スポンサードリンク

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

08e52cdf6522eafd070571b437159297_m

正社員として働くためには

正社員になりたいと考えて求人媒体を見てもどれが良いのか迷うという方も多いものです。 仕事探しはある意

記事を読む

arubaito

履歴書の職歴記載例”アルバイト就業編”

派遣就業の記載方法 学業期間中のアルバイト就業の場合はついては通常は履歴書に記載することはありませ

記事を読む

履歴書の志望動機と希望欄の書き方

履歴書の志望動機と希望欄のおすすめの書き方

就職やアルバイトで履歴書を提出する際に、志望動機や本人希望欄をどうするか悩む方も多いもの。就職の場合

記事を読む

no image

事務の仕事は派遣が多い職種の一つ

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p

記事を読む

有効求人倍率が25年4ヶ月ぶりの高水準

厚生年金加入の新制度はパート主婦(主夫)の分かれ道

2016年10月から厚生年金に加入できるパート労働者が増える。という話、ニュースに敏感な方はご覧にな

記事を読む

派遣会社で仕事探しをしよう

派遣の仕事探しを効率良く進めませんか?

派遣の仕事探しをする場合に、たくさんの求人案件から希望の仕事を探すのは本当に大変なもの。 自分のや

記事を読む

非正規雇用にもメリットがある

非正規雇用で何が悪い!ちょっと思考を変えればメリットが多いですよ!

2015年の仕事探しの状況はどのように変わっていくのかが非常に気になるところですが、最も大事なことは

記事を読む

主婦がアルバイトを探すには

主婦がアルバイトを探すポイントは? | これだけは抑えておこう!

主婦が家計を助けるために外に出てアルバイトをするのは昔からごく当たり前のように行われていますが、どの

記事を読む

派遣の履歴書の書き方

履歴書の職歴記載例”派遣就業編”

派遣就業の記載方法 派遣就業については、次のような記載方法があります。 (注:「○○社」は派遣元、

記事を読む

安定した仕事は資格と福利厚生がポイント

安定した仕事に就きたいなら

安定した職業に就きたいと思った場合、重宝されるのが資格です。現在転職活動をしている方、過去に転職活動

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

地方でも投資でしっかり確実に利益を上げよう!
地方でガッツリ稼ぐシリーズPart1!投資でしっかり確実に利益を上げよう!

地方在住でもしっかり稼げる方法を紹介するシリーズの1つ目は投資に注目し

有効求人倍率が25年4ヶ月ぶりの高水準
有効求人倍率がバブル期以来25年4ヶ月ぶりの高水準?

有効求人倍率が25年4ヶ月ぶりの高水準を記録したと、いかにも明るいニュ

仕事で落ち込むときは名言を
仕事で落ち込む…そんなときに読みたい名言7選

仕事で落ち込んでしまうのは誰にでもあることですよね。そんなとき、あなた

職務経歴書の書き方!履歴書とはここが違う!
職務経歴書の書き方!履歴書とはここが違う!

職務経歴書の書き方をマスターしておくことは転職する際にとても重要で

働きたくない!でも生活しなければ
働きたくない!でも生活しなければ…じゃあどうする?

働きたくないという考えは世の中の多くの方が考えることですし、社会人

→もっと見る

PAGE TOP ↑