志望動機やアピールポイントは履歴書には欠かせない

履歴書

スポンサーリンク

履歴書の作成の際に志望動機の欄や、アピールポイントの欄で何を書いたら良いのか悩むこともあるかもしれません。

 

しかし、これには基本がありますので、下記を参考に基本を抑えていきましょう。

 

 

志望動機とアピールポイントの基本

 

履歴書はアピールが重要

 

何故その会社に応募をしたいと考えたいのかということを志望動機の欄に記載をします。

 

それと同時に「自分がこれまで経験してきたものや、スキルを活かして貴社に貢献したい」という内容で記載することが基本になります。

 

つまり「志望動機」欄には、

・なぜその会社を選んだか【応募した理由】
・自分のどんなところを仕事に活かせるか【自分の経験とスキル】
・どんな仕事をしてその会社に役立ちたいか【仕事に対しての意欲】

 

これらのことを志望動機の欄に記載すると良いでしょう。

 

但し、この書き方をすることで別欄にあるアピールポイントの欄とも似通ってくることになるのですが、必ずしも書き分ける必要はなく、同じようなことを記載しても問題ありません。

 

 

志望動機の記載の注意点

志望動機の記載をする際には、ホームページの確認や求人票の内容を確認することは非常に大切で応募先のことを知ることは重要なポイントになります。

 

応募先企業に関することを確認したら、次は

 

【応募した理由】

【自分の経験とスキル】

【仕事に対しての意欲】

 

について具体的に何を記載するのかを考えます。この際に、応募先企業で勤務した場合、自分のどの部分が活かせるかということに重点を置いて考えると良いです。

 

志望動機やアピールポイントというものは、面接の際には人事担当者が最も気にするものでもあります。

 

そのため、どのように話すのかということをよく考えて記載したいものですし、

 

履歴書に記載した内容とズレないように、履歴書はコピーを撮っておくことが必要です。

 

あなた自身に応募先企業の仕事がマッチし、スキルを活かせると考えられるのであれば、

 

そのことを過去の事例を踏まえて記載することで相手に対してのアピールをすることもできる可能性が高まります。

 

但し、「貴社で学びたい」とか「充実感を得たい」などの個人的な理由で応募をするということは

 

採用されるとは言い難いものですから注意しなければなりません。

 

あくまでも応募先企業に対してどのようなメリットがあるのかを記載することが良いです。

 

応募動機の例文

応募動機の欄に何を書いたら良いのか分からない場合は下記をベースにして記載すると良いでしょう。この書き方は基本中の基本になります。

 

・「私はこれまで~を志し~に従事したいと考えて参りましたが、貴社の~については~の面で大変魅力を感じ、是非貴社で働かせていただけばと思うようになりました。~については~であるため、~の面では誰にも負けない自信があります。是非~の面で貴社のお役に立ちたいと考えております。」

 

・「貴社の~については以前より~に興味を持ち~してきましたが、~については、~と考えました。 前職では~に携わり、~を身につけて参りましたので、~できる自信があります。~の業務において自分の~を活かすことを通じて、ぜひ貴社の~にお役に立ちたいと思い応募いたしました。」

 

・「これまで私は~に関心を持ち、~に努めて参りました。そのような中でこのたび~を取り扱う貴社から~職の求人募集が出されたことを知り、この機会に是非、私の~の経験と能力を活かして貴社の~に貢献していきたいと考え、応募した次第です。」

 

・「私は、~の仕事の使命は~と考えており、これまでも~に努めて参りました。このような中で、貴社の理念は~であるとお伺いし、是非貴社の一員として~の取り組みに加わって~に向けて力を尽くしたいと考えました。~業務には~の経験があり、~もできますので、必ずや貴社の~業務に活かして~することができるものと考えております。」

 

まとめ

応募先に「オッ!」と思わせる履歴書を記載することは非常に大切になりますが、

 

それ以前に最も大切なことは丁寧な字で記載するということを忘れてはいけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました