安定した仕事に就きたいなら

就職

スポンサーリンク

安定した職業に就きたいと思った場合、重宝されるのが資格です。現在転職活動をしている方、過去に転職活動をした経験がある方ほど実感があるのでは?

 

資格や年齢不問の会社が多いですが、そのような仕事って待遇が悪い場合があることは知ってました?

 

安定と高い収入、福利厚生を求める方ほど資格は必要なものと認識しておくのベターでしょう。

 

安定した仕事をするなら資格を取得!そのメリットは?

 

国家資格や民間資格を取得している人であれば、就職できる人数の限られる、いわゆる狭き門の仕事でも働ける可能性が高まりますので無資格の人よりも有利に安定して働けることは間違いありません。

 

世の中は人材不足により多くの企業で人材を求めていますが、だからと言って誰でも良いというわけではありません。

 

募集はしているものの、資格が必要な場合が多くなっているという事実があります。

 

昔のように働きながら資格を取らせてくれる企業もありますが、その数は少なくなっているのが現実。

 

企業にとってはできるだけリスクを少なくしたい(教育期間を短くしたい)思惑があります。

 

安定した仕事は資格と福利厚生がポイント

 

給与面を考えてみると、人が限られ有資格者だけが働いている職場は無駄がないこともあり、給料がよくなりやすい職場が多くあります。

 

求人誌や求人サイト等を見ても分かるように有資格者を優遇するような職場では給与面に大きな開きが出てきます。

 

また、国家資格や民間資格を取得している人で安定した職業に就きたい場合は福利厚生がしっかりとしている企業や病院に勤めるのも一つの方法です。

 

福利厚生についてはそれぞれの企業や病院で考え方が異なりますが、当然ながらないよりはあった方が嬉しいもので安定した仕事をしたい方には一つの目安になります。

 

女性は特に”安定した仕事”を意識しよう

福利厚生がらみになりますが、女性は特に福利厚生の部分を重視することが重要です。

 

いずれ訪れるであろう結婚や出産というタイミングに福利厚生がきちんとしていなければ安定した職場とはいえないでしょう。

 

福利厚生で特に注目したいのが「育児休暇」。

 

育児休暇は国が導入を勧めていますが、一部の大企業、理解ある経営者のいる企業でなければ安定的に取得することは難しいものです。

 

もちろん、制度としては就業規則などに盛り込まれていても実際にその権利を行使できるような環境にない職場というのは非常に多いでしょう。

 

いざ育児休暇をもらったのは良いものの、長い間休んだ結果、自分の働ける場所が無くなっていることもあります。

 

そのため、これから安定した仕事に就きたいと願う、特に女性の方は対象の企業などが育児休暇制度があるだけでなく、実際に取得実績がどれだけあるのかを考えるのが重要でしょう。

 

 

安定した仕事に就きたい-まとめ-

安定した仕事をするなら、まずは資格を取得することから。

 

「資格を取得する時間がない」

 

というのは自分に対する甘えです。ユーキャンやケイコとマナブなど、通信講座をしている所はいくつでもあります。

 

スキマ時間を有効に活用して資格取得できれば、きっと安定した仕事に就くことができるでしょう。

 

仮にそれでも良い職場が見つからなかったとしても、資格取得ができたことは大きなステップアップ、スキルアップに繋がるのでは?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました