仕事のイライラ!その原因と対策を知ろう!

仕事のイライラ!その原因と対策を知ろう! 仕事の悩み

スポンサーリンク

仕事でイライラしてしまうのは、社会人として働いていれば誰でも経験がありますよね。仕事中のイライラは様々な場面で起こります。同僚の言動や行動、自分がしてしまったミスなどがイライラの代表格ですが、ではこれら仕事にまつわるイライラを解消するにはどうしたら良いのでしょうか。
仕事のイライラ!その原因と対策を知ろう!

仕事でイライラする原因

仕事中にイライラしやすい原因を考えると、その対策方法も見えてくるはずです。一般的に仕事でイライラしやすいタイプというのは、真面目な性格の方が多いように思われます。

 

サラッと受け流せない

職場内でちょっと気になることが起きたときに、見過ごすことができずにイライラした経験はないでしょうか。仕事と関係ない会話をしている同僚、パソコンに向かっていても実は仕事とは関係ないことをしている同僚を見つけてしまったときに、直ぐに注意できる人であれば良いですが、それが苦手な人はモヤモヤした感じが残り、そしてイライラに繋がる傾向にあります。しかし、職場は色々な人が集まっている集合体ですから、イライラする場面だらけです。

仕事場でのイライラが業務効率を下げてしまうことにもなり、無駄な時間を過ごしてしまうことになりかねません。職場のモラルに関することを見過ごすわけにはいきませんが、そうでもないことであれば、あまり深追いせずに受け流してしまうことで仕事のイライラを減らせるでしょう。

 

自分に対して厳しすぎる

与えられた仕事は完璧にこなしたいというような責任感の強い人ほど、仕事でイライラを抱えてしまいがちです。特にノルマがある仕事や締め切りがある仕事に携わる責任感の強い人は、それらをクリアする必要性と、仕事内容の両方を追い求めます。

これは二兎追うものは一兎をも得ずとも言えますが、決してそうではなく、自分に対して厳しいからなのでしょう。しかし、いつでも自分の思う通りに業務を円滑にこなせるわけではなく、時には躓いてしまうこともあります。そんなときでも自分に対して厳しい人は妥協をすることなく、両方を実現するために奮闘していく中でイライラすることが多くなりがちです。

自分に対して厳しいのは良いことですし、仕事をする以上は責任感の強さも必要です。ただ、もう少しだけ自分への厳しさを緩め、周囲とのチームワークを保ちながら仕事を進めることができると仕事がスムーズになるはずです。このときに、前述した『受け流せない』イライラが出てくるかもしれませんが、仕事でのイライラがどれだけ無駄かを考えると、責任感が強い人ならイライラしないための対策も自然に取れるでしょう。

 

仕事のイライラ対策

職場でのイライラは自分一人でイライラしている分には良いですが、殆どの職場は同僚がいる中で業務を進めていきますよね。そのような中で多かれ少なかれイライラすることは、当然ながら誰にでも起こり得ることでしょう。そんなときのイライラ対策として有効なのはひとりの時間を作ることです。

休憩室でもトイレでも、ちょっと外に出られるならそれも良いでしょう。少しの時間でもひとりの時間を作ることでイライラから開放されるはずですよ。また、何故イライラしているのかを考え、書き出してみることもなかなか効果的ですので実践してみましょう。イライラの理由を文字にして、それを読んでみるとストレス発散に繋がります。このときは頭が冷静になれているはずですから、きっとスッキリとした気持ちで仕事に臨めるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました